FC2ブログ

年間3万回の授業の質を高めれば

 学校とは、授業を受ける場所である。
 行事も部活もあるが、中心は授業。

 いま仮に、1学年8クラス規模の高校があったとする。やや大きめだ。
 3学年で24クラス。
 朝の1時間目、この学校では24人の先生により24コマの授業が展開されている。
 6時間目までやると、24×6=144コマ。
 月~金までやると、144×5=720コマ。これが1週間の総授業数。

 1か月だと、720×4=2880コマ。だんだん、すごいことになってきた。
 1年だと、2880×12=34,560コマ。何と3万超え。

 これだけの授業が行われている。
 今まで、多くの学校は、この数を増やそうとしてきた。
 7、8時間目をやる。土曜日もやる。
 それも大事。

 だが、たとえば、3万コマの授業を、それぞれ10%質を高めようと考えてみる。
 質をパーセンテージで表せるかという問題はあるが、そこを無理して考えてみよう。
 3万の10%は3千。先ほどの計算で1ヶ月分だ。

 よって、授業の質を高めれば、新たな時間を生み出したのに等しい成果が得られる。
 と、かなり強引だが、そうならないか。

 先生は誰もが授業の質を高めることを考えている。昔からそうだ。
 だが、個人の努力には限界がある。
 
 そこで、私の関心事。
 学校が、授業の質を向上させるために、組織としてどんな手を打っているか。
 いろんな学校に行くが、いつも、そこを見てきたいと思っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード