FC2ブログ

県立なのに施設が半端じゃない学校

 先日、県立不動岡高校に授業を見に行った話を書いたが、この学校の施設は半端じゃないので、まだ行ったことがない人のために、ちょっとその話をしておこう。

 埼玉県内の公立高校の中で「最高の施設と設備」を誇る、と同校の学校案内パンフレットに、そう書いてある。
 校舎は4棟、体育館2つ、グランドは野球用、陸上用、サッカー・ラグビー用の3つ。50mの公認プールもある。
 すごいでしょう。

 一般に、公立高校というと、施設・設備の点で私立高校に劣るという印象がある。
 いや、印象ではなく、実際にそうだ。

 私がかつて勤務した学校なんか、昭和40年代に大量に作った学校のうちの一つだったから、とりあえず最低限の施設・設備だけは作りましたっていうだけ。何の変哲もないただの箱。
 あの頃、つまり昭和40年代~50年代には、実に80校近い県立高校が作られた。生徒の数が爆発的に増えたからだね。それと高校進学率が急上昇した。
 だから、コスト節約のために、同じ設計で作らざるを得なかったんだ。

 その点、昔からある伝統校は違う。
 だいぶ校舎が老朽化してしまった学校もあるが、不動岡とか春日部あたりは、ここ10数年ほどの間に全面改築したから、私立顔負けの施設・設備となっている。
 ちなみに不動岡は、県内最古の学校だ。創立明治19年。浦和や熊谷が明治28年だから、それよりも古い。

 私が、不動岡ですぐ思い浮かぶのは、埼玉県知事だね。
 今が上田清司知事、その前が土屋義彦知事。で、さらにその前の知事が、畑和(はた・やわら)という人で、この人が今の県立不動岡の出身。5期20年務めた。長かったね。
 じゃあ、その前は。
 同じく不動岡出身の栗原浩知事が4期16年務めた。
 ということは、戦後69年間のうち、36年間は不動岡OBが埼玉県知事であったわけだ。

 もちろん、それが理由で校舎がいいって話じゃないよ。お二人ともとっくに亡くなってる人だからね。
 でも、こういう古い学校は、政界・官界・経済界にたくさんの卒業生を送り出しているからね。そういうOBたちが、いろんな場面で母校の力になってくれる。

 私の勤務した学校は、当時卒業生も1期か2期しか送り出してなかったから、彼らに母校への支援をお願いすることができなかった。だから、いつも、伝統校はいいなと思っていた。羨ましかった。

 と、これで終わってしまうと、伝統校はいいぞっていうだけの話になってしまうが、歴史が浅い学校にだっていいところはある。
 歴史を作っていく楽しみだ。創造の喜びだ。
 私は今でもそれを誇りに思っている。
県立不動岡01s

県立不動岡02
県立不動岡03

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード