FC2ブログ

明日のことを聞きたい

 昌平高校の塾対象説明会に行ってきた。
 6月にも行ったので、今年2回目となる。今日の会場は春日部市民会館。

 私は、公立高校の教員時代、いわゆる新設校と呼ばれる学校に勤務していたので、この学校の今の雰囲気というものが、よく分かる。
 昌平の先生方からは、「公務員上がりのお前に何が分かる」と叱られるかもしれないが、新しい学校づくりに燃える先生や生徒たちの心意気というものは、公私を問わないと思っている。
 
 この学校、前身となる学校はあるわけだが、実質的には8年目の学校と言っていい。
 人間にたとえれば、まだ小学校にも上がっていない、そんな幼年期にある学校だ。
  
 歴史の新しい学校の良さは、前例にとらわれないということだ。
 前例は、それを経験、実績と言い換えた場合、きわめて有益なものだ。
 しかし、これが時に、改革に慎重になり、挑戦に臆病になったりする原因ともなる。

 幸いにも、この学校には前例というものがない。あってもごく僅かだ。
 生徒のためにこれがいいと思えば、すぐさま実行に移せる。

 私にも経験がある。
 「いや、それは以前の勤務校でやったけど、うまく行かなかった」と、ベテラン教員。
 「前の学校の話でしょう。ここで、この学校で、僕らがやるんですよ」と、若手教員。
 こんな対立を乗り越えて、先生と生徒が一緒に汗をかいて、学校を作って行く。これは楽しい。

 というわけだから、昌平高校には、これまで通り過去の実績など語ってほしくない。
 昌平高校だけではない。改革途上の学校という自覚があるなら、ちょっとばかりの実績を語るより、明日のこと、未来のことを大いに語ってもらいたいと思うのである。そっちを聞きたい。
 
 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード