FC2ブログ

一隅を照らすならLEDが欲しい

 駒込中学・高校(文京区)に行った。
 
 この学校がかかげる教育理念に「一隅を照らす」というのがある。
 「一隅」は「いちぐう」と読む。片すみという意味だ。

 天台宗の開祖である最澄(伝教大師)の著した「山家学生式」(さんげがくしょうしき)の中にある言葉だ。
 「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」。
 最澄は、比叡山で若い僧侶たちの教育に励んだが、「山家学生式」は、僧侶たちの修行の規則を定めたものだ。
 校訓とか校則みたいなものか。

 一隅を照らす人は国の宝だ。
 世の中のどこかで人の役に立つ人間になりましょう。
 そんな意味でいいかな。
 まあ、学問的には諸説あるようだが、おおむねそのような理解でいいと思う。

 しかし、こう言ってもらえると、ちょっと安心するね。
 たいしたことはできないが、それでも世の中の片すみで、ほんの少しでも人の役に立てればいいんだ。
 そう解釈して、残りの人生を生きよう。
 ただな、照らすと言っても、私の場合、明るさが足りない。
 LEDだといいんだが、蝋燭だ。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード