FC2ブログ

撤退や縮小は作戦の一つだ

 朝方、長くお付き合いしている、ある塾長から電話があった。
 用件は簡単なことだったが、ついでに近況をたずねると、塾生が大幅に減少しており、近々複数あった教室のいくつかを閉鎖する予定だという。

 良い決断だと思う。
 どうもうまくないなと思いつつも、何とかなるんじゃないかという期待が捨てきれない。
 で、ズルズル続ける。結果、赤字が拡大する。
 ビジネスではよくあることで、私も何度か経験している。
 余力が残っているうちに撤退する、あるいは縮小するというのも悪くない判断なのである。

 ズルズル続けていても、運が良ければ盛り返せる場合もある。 

 私はランニング仲間と月1回、皇居の周りを走っている。「皇居ラン」と言われているものだ。
 その際、銭湯を利用する。ここでランニングウエアに着替えて、皇居の周りを1,2周して、戻ってきて一風呂浴びる。

 都心は住む人がどんどん減ってきているから、銭湯は次々に廃業して行った。
 お客の激減のほかに、後継者がいないという理由も大きかった。
 私の利用する銭湯も、おそらく、いつやめようかと思いながら、その決断ができないままに続けてきたのだろう。

 ところが、ここにランニングブームというものが到来した。
 「皇居ラン」は、いまやファッションである。
 これで銭湯は息を吹き返した。

 日ごろお世話になっている銭湯に対して、こんな言い方は失礼だが、この銭湯が特に何かをしたというわけではない。単にブームが向こうからやって来ただけである。ランナーたちが勝手に広めてくれた。
 こういう幸運もある。

 しかし、この種の幸運はいつ訪れるかわからない。永久に訪れないかもしれない。
 だから、これはいかんなと思ったら、ズルズル続けるより、いったん撤退したり、縮小したりするのも、一つの手なのである。
 そう。撤退や縮小は作戦なのである。

 これまでは、前進、拡大という作戦をとってきた。
 それでうまくやってきた。
 ただ、今度は、撤退、縮小をうまくやる番だ。
 成功を祈っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード