FC2ブログ

国語の勉強法はない? それはおかしい

 国語の勉強法はない、なんてことを平気で言う先生がいるが、そんなわけないだろうと思うのである。
 数学や英語にあるんだから、国語にだってあると考えるのが普通だ。
 (一応、お断りしておくが、ここで言う勉強法は、高校入試の国語の話である)

 まず、簡単な話から行こう。
 漢字の読み書きや文法。
 これは練習して覚えるだけ。「なぜ」、「どうして」なんて考える必要はない。ひたすら覚える。
 配点が少ないので、かけた時間の割に得点は伸ばせないが、いつか必ず成果は現れる。毎日コツコツやるしかないだろうね。一度にドカンとやるんじゃなくて、毎日少しずつというのがポイントだ。漢字練習の問題集がたくさん出ている。

 次に古文。
 埼玉県に限定すれば、必須は「歴史的仮名遣い」の「現代仮名遣い」への書き換えのマスター。ほぼ毎年出ている。
 22年度以降は、市販の過去問で調べてもらうとして、それ以前には、次のような出題が見られた。
 「さしむかひたる」
 「まゐらせたまえへかし」
 「こひねがふべきなり」

 主語は誰かという出題も多い。
 古文は主語が省略されているケースが多いんだね。だから、「これは誰が言っている」、「これは誰の行動だ」っていうことを見失わずに読む練習をしておくとよい。
 ただ、古文も配点は低いんだね。だから、あまり没頭し過ぎてもいけない。

 作文。
 これについては、ブログで何回も言っているので、今回は省略。

 さてと、配点の半分を占める長文読解である。
 これまで私が指導してきた中で、かなり効果が見られた方法があるので、明日以降のブログで紹介することにしよう。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード