FC2ブログ

日亜化学、大人げない

 ノーベル物理学賞及び文化勲章受章者の中村修二教授は、元は、徳島県にある日亜化学という会社の社員だった。
 ということは、ニュースで何度も報じられたので、受験生の皆さんも知っているだろう。

 中村教授と日亜化学は、特許をめぐって裁判で争った過去がある。
 うんと大ざっぱに言えば、発明の成果は誰のものか、そういう話だ。

 中村教授は、全部俺のものとまでは言わなかったが、この発明によって日亜化学が得た利益を自分にもよこせというので、何と200億円を要求した。
 会社側は、会社の後押しがあって(つまり、会社がカネを出して)、社員として研究した結果だから、個人のものではなく会社のものだと言った。
 結局、裁判所による和解で、日亜化学が中村教授に8億円を支払うことで、裁判自体は終わった。

 ちなみに、裁判所は、いついかなる場合も判決を出すというわけではなく、このまま裁判を続けても決着しないなと思ったら、「どうですか、ここらで和解しませんか」と提案してくることがある。金銭をめぐるトラブルでは、よくあることだ。

 その後、中村教授はめでたくノーベル賞を受賞、さらには文化勲章も受けて、再び時の人となった。

 そして昨日、記者会見で、「過去のことは忘れて、仲直りしたい。社長に会いたい」という主旨の発言をした。
 まあ、大人になったというか、天皇陛下から勲章までいただいた人間が、いつまでもケンカ腰じゃまずいと思ったのか、今までの中村教授らしからぬ発言をした。

 さあ、どうする日亜化学。
 と思ったら、「辞めた人ですし、いまさらお願いすることもありません。社長に挨拶する時間があったら、その分研究にあててください」とつれない返事。っていうか、大人げないだろう。

 過去にどんなことがあったのか。
 第三者には分からないことがたくさんあるのだろうな。

 中村の野郎、だいたい社員のときから自分勝手だったんだよな。
 しかも、会社に金を要求して裁判まで起こしやがって、恩知らずな奴だ。
 あげくのはては、賞をもらったからって、上から目線で「仲良くしようぜ」とはますます許せん。
 この恨みは千年は消えないぞ(どっかで聞いた?)。

 しかしね、きみら、互いの感謝の気持ちってないのかい。
 昨日も言っただろう。(まあ、届いてるはずないが)

 四国の名門・日亜化学と、世界的学者・中村修二。
 世間が見てるぞ。むろん青少年もだ。
 立派なお手本見せてくれよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード