FC2ブログ

神父であって牧師ではないのだ

 昨日は親戚の娘の結婚式に出席した。
 カトリックの教会である。

 冒頭、神父はこう言った。
 「ここは、結婚式場ではなく教会だ。そして、私は神父だ」。
 分かってるよ。どう見たって、僧侶や神職じゃない。

 さらに。
 「私は、神父であるから、結婚しない。生涯独身である」。
 はは~ん、分かったぞ。暗にプロテスタントや牧師との格の違いを言っておるな。
 まっ、分かるけど、別にここで言わんでもいいだろう。

 なんて余計なことを考えながら、聞いているのがいかにも年寄りらしいところだ。

 さてと、ここからいつものようにお勉強コーナー。

 キリスト教は、大きく分けると、カトリックとプロテスタントに分類できる。
 歴史的に古いのは、カトリックだから、これを旧教とも言う。プロテスタントは新教。

 冒頭の神父。これはカトリックの呼び名。プロテスタントでは、牧師と言う。
 この日の神父も、よく間違って、「牧師様」とか言われるんだろうな。
 だから、「断っておきますけど、私は牧師ではありません」ってなるんだね。

 キリスト教は、ヨーロッパで広まった。信者が爆発的に増え、それにつれて教会の力が強まった。
 ある時期、その力は、各国の皇帝や国王を上回るほどであった。
 しかし、権力は腐敗する。
 そこで、これを批判する人々が現れた。
 その代表的存在が、ルターカルバンである。

 ルターやカルバンなどの考え方は、ヨーロッパ各国に広がり、
 ローマを中心とする従来のキリスト教(カトリック)に対抗する、新しい勢力として成長して行った。
 これが、教科書にも出てくる宗教改革である。
 かれらの一派は、総称してプロテスタントと呼ばれた。
 (この話、だいぶはしょったので、高校の世界史で詳しく学んでほしい)

 ちなみに、入試では必須のフランシスコ・ザビエルは、カトリックの人である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード