FC2ブログ

誤発注商法がまた成功

 ネットのニュースから。

 北九州市立大学の生協で、お菓子(グリコ・ポッキーなど)を誤発注。
 320箱のところ、3200個仕入れてしまった。
 返品がきかない商品なので、学生に窮状を訴えたところ、ふだんの数倍が売れ、何とか危機を脱したというニュース。

 前にも同じようなケースがあったな。
 それを真似たんだろう。
 誤発注商法だな。

 まあ、大学の生協だから許すか。
 商品が商品だし、金額的にも大したことはない。
 マスコミも美談として扱っているようだし、勝手にしてくれ。

 しかし、一般の企業は、こうした安易な解決法をとってはいけない。
 この方法は、おそらく一度しか成功しない。
 人の好い学生たちも、次は「またかよ」となって協力しない。

 ミスをなくす対策を講じるのは当然として、目の前の大量の商品をどうさばくか。
 「ミスしました。助けてください」
 最初から、これを言っちゃいけない。

 誤発注のことは伏せて、売ってみろ。
 自分たちのミスは自力で解決しなきゃいけない。
 こういうときこそ、知恵の出しどころだ。

 仮に全部は売れなくても、ふだんより多く売ることができれば、その経験が残る。
 よい経験には再現性がある。
 似たようなことが起きたとき、再現できる。応用できる。

 誤発注商法で何を得られたか。
 その商法には再現性があるか。

 そう考えると、安易な方法に拍手を送る気にはなれない。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード