FC2ブログ

間もなく放送が始まる

 テレビ埼玉の入試番組「埼玉県公立入試の傾向と対策」が間もなく放送となる。

 10月末の収録だから、自分でも何しゃべったか忘れてしまった。
 塾の先生の授業なんだが、やはりテレビとなると、力が入って、いつもと違った授業になっているようだ。
 それで、かえって分かりにくくなっている部分もある。というのが正直な感想。

 テレビとは別の話だが、
 授業の難しさは、「何を言うか」よりも「何を言わないか」にある。
 先生は、1回の授業のために、何倍もの時間を準備(「教材研究」なんて言ってる)に当てる。

 若い頃は、あれも言わなきゃ、これも言わなきゃと、盛りだくさんになって、結局、生徒を混乱させてしまったりする。
 もちろん、授業をやっているときは気づかないのだが、テストをやってみて愕然とする。
 テストで落胆するのは、生徒だけじゃないんだね。

 最初、「なんだよ、あれほど言ったのに、何で分からないんだ」と、生徒のせいにする。
 しかし、経験を積むにしたがって、分からない責任は、教える側にあるのだという、当たり前の事実にようやく気づく。
 そして、「何を言うか」よりも、「何を言わないか」を重視した授業になって行く。
 
 授業に何とか格好がつくのに10年はかかるね。しかし、それとて完成形にはほど遠く、改善は、はてしなく続く。
 若い頃の私の授業を受けた生徒には、申し訳ないことしたな。今頃言っても遅いけど。

 番組の収録の模様を簡単に紹介する。
 このビデオは、非公開。
 このブログから入って行かないと見られない。
 動画はコチラ↓ 
 テレビ埼玉入試番組収録
 (2分25秒)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード