FC2ブログ

都大路は遠かった

 栃木県佐野市で開かれた関東高校駅伝大会を見に行った。

 ふだんは全国につながる大会ではないが、今年の男子は全国切符がかかるレースとなった。
 毎冬京都で行われる全国高校駅伝。今年の男子は5年に一度の記念大会となり、各都道府県大会優勝校のほかに、地区大会上位校にも出場権を与える。
 
 したがって、今日の関東大会は、全国大会出場をかけた非常に重要なレースとなったのである。
 埼玉代表は、埼玉栄・花咲徳栄・武蔵越生・県立松山・春日部東・浦和実業の6校。
 このうち、埼玉栄は県大会で優勝し、すでに全国出場が決まっているので、残りの5校が全国きっぷをかけてレースに挑んだ。
 埼玉勢は、茨城・群馬・栃木の各県代表と北関東地区代表を争ったわけだが、県大会2位の花咲徳栄が特に期待されていた。レース前、ライバルは白鷗大足利(栃木2位)、佐野日大(同3位)、東農大二(群馬2位)あたりとされていたが、ほぼ予想通りの展開となった。
 
 前半は白鷗大足利が一歩リードし、花咲徳栄が追う展開。中盤3区で白鷗大足利が大きく順位を下げ、4区では花咲徳栄が浮上したが、佐野日大もジワジワと順位を上げてきた。5区から6区では2校がほぼ肩を並べる形で、最終7区の勝負に持ち込まれたが、ここで佐野日大のアンカーが好走をみせ、花咲徳栄を突き放した。

 というわけで、大変残念だが、花咲徳栄の初の全国出場はならなかった。
 なお、大会自体は、埼玉栄が他校を寄せつけない堂々の走りで、4年ぶりの優勝を飾った。

 2014関東高校駅伝大会(男子)02
 
 2014関東高校駅伝大会(男子)01

動画はコチラからご覧ください。ブログ読者のみの限定公開です。
関東高校駅伝大会(男子)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード