FC2ブログ

1年があっという間に過ぎるのは、年のせい

 1年があっという間に過ぎると感じるのは年のせいである。
 子どもの頃の1日は長かった。1週間も、1か月も、1年も、うんと長かった。
 しかし、誰にとっても1日は24時間であるから、これは一種の錯覚なのである。

 私は還暦をとうに過ぎて、老境に入ったから、よく分かるのだが、
 何をやるんでも動作が緩慢になった。ものごとの判断にも時間がかかるようになった。
 だから、若い頃なら半日で片づけていたことが、一日かかるようになった。

 それで、「あれ、もう夕方になっちゃった。一日は早いねぇ」となる。
 一日が早くなったのではなく、自分が遅くなったのだ。

 「待ち遠しい」という感覚もなくなった。
 何しろ、時間があっという間だから、すぐにその日がやってくる。
 その点、子供の頃は「待ち遠しい」だらけだったね。遠足も運動会も、なかなかその日がやって来ない。

 私が「待ち遠しい」と思わなくなったのは、ほとんどの出来事がすでに経験済みであるからだ。
 やる前から結果が見えていることばかりだ。これじゃ、心躍らない。

 逆に子供たちにとっては、ほとんどのことが初体験であるから、ワクワク、ドキドキ、「まだかな、まだかな」と待ち遠しくてたまらない。

 大人はノロマだから、時間の方が早い。
 子供は俊敏だから、時間の方が遅い。
 これが今日の結論だ。
 
 一人焦っているお父さんやお母さん。
 自分の時計で計っちゃだめですよ。
 「入試まで2か月しかない」というのは大人の感じ方。
 「入試まで2か月もある」というのは子供の感じ方。
 

 
 
  
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード