FC2ブログ

2つの質問に答えられたら人生は変わるぞ

 今日は大人向けだが、中学生でもギリギリ分かるかもしれない。

 「残念だが、キミはこれまでのビジネス生活において、決して成功しているとは言えない」
 志村「そう思います」
 「まあ、そういう私も成功しているとは言えないが、キミよりはちょっとはましだろう」
 志村「だいぶましだと思います」
 「では、ここで2つの質問をしよう。これに答えられるようになれば、成功に近づくだろう」

 第一の質問
 「あなたは何ができるんですか」 
 第二の質問
 「あなたは何がしたいんですか」 

 大学を出たばかりの新人なら別だが、それなりのキャリアを積んだら、人に負けない知識とか、人にはまねのできない技術とか、何かしらを身に付けていなければならない。
 まあ、それほど特殊なものじゃなくてもいい。たとえば、車のセールスマンがその技量を磨けば、家だって売れるだろう。 「形のあるものなら、何だって売ってみせます」。
 これも立派な技術である。

 「あなたは何ができますか」と問われて、即座に答えられるようになれば、仕事も人生も劇的に変わるであろう。

 では、何をできるようにすればいいか。
 この先、どんな知識や、どんな技術を身につければいいかという話だが、そこで問題になるのが、「あなたは何がしたいか」である。

 したいことの中身によって、身につけるべき知識や技術が異なるのであるから、まずは、それが定まらなければ努力の持って行き場もないわけである。

 「で、キミは結局何がしたいのだ」
 志村「もっと売り上げを伸ばしたいです」
 「なぜ、売り上げを伸ばしたいのだ」
 志村「自分も会社も豊かになるからです」
 「豊かになってどうするのだ」
 志村「楽しい毎日を送れればいいな・・・と」
 「そうか。ならばキミに2千万円でも3千万円でもあげよう。そうすれば、キミにはもう人生でしたいことはなくなるのだな」

 私は金なんてどうでもいい、とまでは思わないが、この世に生まれた以上、何事かを成して去りたい。
 今までもそれなりのことはやってきたという、ささやかな自負はあるが、まだまだ不十分である。もっともっと、やりたいこと、やらねばならぬことがある。
 それが年を重ねるごとに明確になってきたように思う。

 「あなたは何がしたいんですか?」
 金儲け? アホか。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード