FC2ブログ

読書で点数は伸びない(高校入試の国語2)

 読書習慣がない人が、今からあわてて読書を始めても入試には間に合わない。
 読書で国語の力をつけたいと思うなら、これから年100冊以上のペースで続けることだ。3年後の大学受験の頃には効果が現れるだろう。
 ただし、本を読むのが好きな人は、このまま続ければよろしい。趣味も必要だ。

 しかし、「読む力」は読むことによってしか鍛えられないのだから、何かを読まなければならない。
 答えを先に言っておこう。長文問題の問題集を買ってきて、それを読めばいい。
 小説は、短編と言われるものでも、文庫本で50ページぐらいにはなる。そんな長い文章は入試には出ない。せいぜい2~3ページか4~5ページぐらいのものだ。だから、問題集でそのぐらいの分量を一気に読む訓練をしたほうがいい。

 この先、繰り返し述べることになるが、入試問題を解くという作業は時間との戦いである。(ちなみに、前回紹介した私の作文講座も、徹底的なスピード勝負のコツを教えている)
 
 長文問題といっても、せいぜい3千文字程度であるから、これを3分程度で読めるようにする。速読というのとは違う。速読はもっと桁違いの速さであるし、身につけるには特別なトレーニングが必要だ。
 だが、1千文字を1分というのは、普通の人が特別な訓練をしなくても到達できるレベルだ。毎日走っていれば、だんだん速く走れるようになるのと一緒である。

 問題文を3分程度で読むことができれば、問いに答える時間が十分にとれる。長文問題の答えは、決して難しいものではなく、じっくり考えれば、だいたいは正解できる。だから、その、じっくり考える時間を生み出すために、問題文をさっさと読んでしまうことが必要なのだ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

作文講座参加しようと思います!
実力テストで最後の作文、書き終わらなかったんですよね…。
長文の勉強法はとてもためになりました
φ(..)メモメモ

先週、一女の説明会にいってきましたよ!
校歌はとても魅力的で、sshの英語の授業にも参加してきました♪

作文、自信持てるようになるよ。

 ももかさん、コメント有難う。
 去年、一女希望の生徒にコツを教えたんだけど、さすがですね。直後のUPテストでは満点をとりましたよ。たぶん、本番でもできたでしょう。ちなみに、彼女は今、一女生です。
 作文講座でも話しますが、200字程度の作文なんて、時間かければ誰だって書けるんですよ。それを5分か10分で書かなきゃいけない。ポイントはそこです。まあ、それは英作文でも証明でも同じですけどね。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード