FC2ブログ

プロの監督に必要なのは戦術だけ

 サッカー日本代表のアギーレ監督が解任された。

 今回のケースは特殊だと思うが、それにしてもサッカーというのは監督の首が簡単に飛ぶスポーツだ。J1でも1年で3人交代したこともあった。

 日本のプロ野球でも負けが続くと監督が交代するケースはある。ただし、解任というのは稀で、監督本人が球団に対して休養を申し出るという形をとることが多い。実際にはクビなんだろうが、本人も球団側もあまり傷がつかない形で、穏便に事を進めるというのが、いかにも日本的だ。

 その点、欧米を中心に発展したサッカーは、情無用。成績が悪いとすぐに「お前、クビ」。それを真似した日本サッカー界でも監督の首はあっさり飛ぶ。

 まあ、こうした違いは、単に辞め方の問題であるが、実際のところ、監督の交代がどれほどチームの勝敗に関係するものなのか、そのあたりは考えてみなければならない。

 同じ監督でも、中学生や高校生の部活の場合は、指導者と呼ばれる。相手は子供で、かつ素人であるから、技術や戦術を一つ一つ教えてやらなければならない。いや、それ以前に、練習は大切なんだ、目標を持たなきゃいけないんだということから理解させなければならない。

 だが、プロスポーツの監督には、こうした指導は必要ない。
 選手たちも自分と同じ大人で、かつプロである。しかも、選手の方が給料をたくさんもらっている。
 そんなかれらを相手に、今さら練習の意義や目標の大切さなど語ってどうする。
 監督に求められるのは、勝つための戦術を持っているかどうかという点だけである。

 サッカー日本代表も急いで後任監督を決めなければならないが、人間性だとか、性格だとか、そういうどうでもいいことを基準にしないで、戦術に長けた指揮官を選んでほしいものだ。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード