FC2ブログ

さっそく偶然の一致が。いや、必然かな?

 一昨日、同じ年に別々の県で、同一問題が出てしまう偶然の一致の話をしたが、さっそく現実のものとなった。

 2月12日 千葉県(前期) 「判断を委員長に委ねる
 2月18日 神奈川県 「土器の鑑定を専門家にユダねる

 千葉県は「読み」、神奈川県は「書き」という違いはあるが、どちらも同じ漢字の出題だ。
 (なお、これについては、すでに読者の「takaさん」から、昨日の段階でコメントが入っている)

 なぜこのような偶然の一致が起きるかをもう一度まとめておこう。

 各県とも、教科書の範囲内(=学習指導要領の範囲内)からの出題と決まっている。そして、どの県の問題作成者も、ほとんど同じ教科書を見て、問題を作っている。
 だから、偶然同じところに目をつけてしまうことがある。
 他県の問題が事前に分かれば重複は避けられるが、入試問題という性質上、それは不可能であるから、ふたを開けてみたら、同じだったという現象は避けられない。

 私はここまで「偶然の一致」という言葉を使ってきたが、よくよく考えてみると、むしろ偶然ではなく「必然の一致」かもしれないのである。

 その理屈はこうだ。
 出題者は、まず自分の県の過去問との重複を避ける。同じ単元、同じ知識はOKだが、同じ答えはNG。
 次に。
 これは推測であるが、その県で実施されている模試との一致を避けようとする。埼玉県の場合で言えば、私のやっているUPテストなども調査対象になっている可能性が高い。さらに、近年では、県内各地域において、「公的テスト」といわれるものが年2~3回実施されており、これらも調査対象だ。

 と、こういうことをやっていると、出題できる問題が、どんどん限定されて行くことに気づくだろう。

 再三言ってきたことだが、入試問題など所詮は過去問の「焼き直し」である。
 それは、どこの県でも同じ。
 だから、問題の一致は、偶然ではなく、必然的に起きるものなのである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード