FC2ブログ

学校は自分に合わせてくれないから、自分が合わせる

 新入社、新入学の季節。
 新しい環境に慣れるのは、誰でも大変だ。

 中には、「想像していた会社(学校)と違う」というんで、最初からやる気を失くしてしまう人もいる。
 でも、これは、自分の想像が間違っていたんだよ。別に会社や学校に責任があるわけじゃない。

 いろいろ調べて決めたんだろうが、やはり集められる情報には限りがあるからね。
 だから、実際に入ってみると、どうも自分の想像とは違っているってことも少なくない。そそで、想像と実際とのギャップを埋めるという作業が必要になってくる。

 相手が一人の人間だったら、「おい、そっちが変わってくれよ」とか、「自分に合わせてくれよ」とか、言えないわけじゃないが、会社や学校に対して、そうは言えないだろう。

 学校の場合なら、先生たちがいて、上級生たちがいて、さらには卒業生たちもいて、たくさんの人たちによって作られてきたのが、いま目の前にある現実なんだから、それらの人たちを向こうにまわして、「想像とは違うから、全部自分の想像どおりに変わってくれよ」なんて言えるわけがない。

 想像と違うというのは、つまり、自分の想像のほうに問題があったんだよ。相手に文句つけたって始まらない。まあ、ほとんどの人は、そのことに気がついて、現実に適応しようと努力するんだけど、一部それができない人がいるみたいだね。

 周囲の環境っていうのは、自分の思い通りには変えられない。だから、自分がそれに合わせる、又は慣れる。
 適応力は大事だね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード