FC2ブログ

私にはスポンサーも視聴率も関係ないからね

 今やニュースショーに欠かせない存在となったコメンテーター。
 本来は、解説者なんだろうね。
 スポーツ中継なんかだと、一応、その道のプロが、技術的なことなんかを素人に分かりやすく解説してくれる。

 ニュースショーでも、できれば、話題ごとに、専門性を持った人が解説してくれるといいんだが、番組ではいろんなニュースを取り上げるわけだから、それぞれの専門家を毎回そろえるわけにもいかない。コメントをもらいに行って録画という手もあるが、手間もかかるし、時間的に無理という場合もある。

 そこで、重宝されるのが、あらゆる問題について、それらしいコメントをつけてくれる人。つまり、コメンテーターだ。
 もちろん、大きな事件が起きた場合は、さすがに、その道の専門家に解説を求める。最近で言えば、航空機墜落で、航空評論家などと言われる人に解説を求めるようなケースだ。

 しかし、ふだんはコメンテーターと呼ばれる人で間に合わす。
 もちろん、かれらは、あらゆる分野に精通しているわけではないから、言っていることは、解説と言うより感想だ。まあ、テレビのニュースショーなんて、それで十分だ。

 だが、一言で感想と言ったって、これはこれで難しい。何でも喋ればいいというわけじゃない。
 かれらは、コメンテーターと呼ばれるタレントなのであるから、番組に貢献しなければならない。

 番組に貢献するとは、視聴率を上げることに貢献するということである。
 業界的に言えば、「数字のかせげるコメント」を言ってもらわなければ困るということだろう。視聴者受けするコメントを言えるのが、良いコメンテーター。

 それと、テレビはスポンサーあってのものだから、スポンサーに嫌われるようなコメントをしてはいけない。スポンサーの逆鱗に触れて番組を降ろされたコメンテーターは、これまで何人もいるね。

 あとは、そうだな。
 番組の進行を邪魔しちゃいけない。
 報道ステーションに出た古賀茂明氏のように、個人的な恨みつらみを並べ立てるのは、視聴者を不愉快にさせるだけだから、それだけでコメンテーター失格だ。まあ、一瞬の話題はとったけどね。

 さて。
 そうなると、オマエはどうなんだと突っ込まれるかもしれない。
 何でもかんでも好き勝手なコメントをつけているからね。

 でも、私の場合は、出演料もらってるわけじゃないし、視聴率もスポンサーも関係ない。
 だから、これからも世の中の隅っこの方で、どうでもいい感想を述べ続けるだけだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード