FC2ブログ

生徒手作りのお昼は美味かった、県立鴻巣女子高校を訪問

 昨日の訪問校は、県立鴻巣女子高校。
 普通科・保育科・家政科学科の3科体制。

 保育科は、県内はもちろん、全国の公立高校でも唯一という特色ある学科だ。
 高校段階では、保育士や幼稚園教諭の資格はとれないので、ほとんどの生徒が、幼児教育関係の大学や短大に進学する。
 この日は、6月から始まる保育実習のガイダンスが行われていた(3年生対象)。
 日頃の勉強の成果が、いよいよ実地で試されるわけで、生徒たちは緊張した面持ちで先生の話に耳を傾けていた。

 家政科学科は、調理と被服の両方を学ぶ。
 「食物科」と「服飾デザイン科」を合わせたような学科だ。
 3年生の調理と被服の授業を見させてもらったが、どちらも4時間連続の授業。つまり、午前中ずっと実習。専門学科では、時にこんなふうに勉強しているんだね。

 普通科の学校でも、家庭科で調理実習みたいな授業はあるが、その場合は、みんな和気あいあい、楽しそうにやっている。だが、専門学科の生徒は、勉強のメインはこっちだから、はっきり言って真剣さが違う。

 実習を含め、学習に必要な施設・設備に不足はないのだが、ところどころ老朽化が目立つ部分もある。もう少しお金をかけてやれないものか。そこが少し残念だ。

 県立鴻巣女子高校02

 実習を見ていて、「うまそうだな」と思っていたら、生徒が「どうぞ、食べていってください」と運んできてくれた。
 というわけで、これがこの日の昼ごはん。

 県立鴻巣女子高校01

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード