FC2ブログ

凡打を恐れちゃいけない

 知り合いがブログを始めたいと言う。
 どうぞご自由に。

 何かアドバイスをと言うから、「毎日欠かさず書く」とだけ。
 公開する以上、誰かに読んでもらいたいという気持ちはあるわけだ。
 そうじゃないなら、ふつうに日記帳つけてろ。

 よく本を出版しておいて、別に売れなくてもいいなんて言う奴がいるが、嘘つくな。
 だったら、出すなよ。

 毎日書いてると、3日に一度とか、1週間に一度とか定期的に訪問してくれる人が出てくるんだ。
 たまに覗いてみようとやって来た訪問者が、「何だよ、全然更新されてないじゃないか」と思ったら、だんだん訪問間隔が延びて、ついには来なくなっちゃう。

 「でも、毎日ネタをさがすの大変でしょう?」
 まあ、一部当たってる。

 凡打を恐れちゃいけない。
 どんな大打者だって、ヒットを打つのは3回に1回なんだよ。
 
 試しに1週間続けてみな。1日ぐらいは、まずまずかなと思える文章が書ける。
 そのまま1か月続けると、これは行けると思える文章が一つは残る。
 そんなものだ。

 別に論文書いてるんじゃないだろ。
 読者の方だって、はなから金出して読むほどの文章じゃないと思ってるんだよ。
 だから、自分一人で力んでんじゃないよ。


 と、ここまで書いて、ふと全然違うことが頭に浮かんだ。
 「会心の授業」。
 
 昔、教員をやっていたころの話。
 毎日3時間、週に18時間の授業をやる。年間にすると600時間ぐらいか。
 で、この中で「会心の授業」と思えるのは、年に2、3回。
 相手(生徒)はどう思っているか分からないが、自己評価ではその程度。

 あとはもう反省ばかり。
 しまった、あそこでもう一言念を押しておくべきだった。
 あの例えは、かえって混乱させちゃったよな。
 あいつの答にあの返し、傷つけちゃったかな。

 と、こんな繰り返し。

 年数を経て、「会心の授業」の割合が増えるかというと、これが増えない。
 おかしいな。どんどん経験が増してるのに。
 下手になってる? いや、そんなはずはない。

 そうか、知らず知らずに自分自身でハードルを上げてるんだ。
 新人ならよく出来ましたっていう授業でも、ベテランがそれと同じじゃ満点もらえないもんな。
 
 という次第で、凡打の山を築き続けた私の教員生活だった。
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

梅野先生の真似?をして、毎日ブログを書き始めたのは今年の1月中旬。あまりにも疲れていて、2・3日(もうちょいあったかな?)書けなかった日がありましたが、何とか数ヶ月書き続けてきました。

これで分かったことは2つ。

1つ目は続けるって大変だということ。
毎日生徒に勉強を続けろ!といいながら、いざ自分がやろうとすると、それは大変!ということ。毎日頑張る生徒さんには、特にいたわりを持ってあげなくてはいけないですね。

2つ目は、意外と読んでくださる人がいること。
入塾面談のときに「ブログ読んでいます」とか、
高校の先生に「ブログ読んでますよ」とか
塾仲間に「あれはいい記事だと思うよ」とか。

ちょっとは、梅野先生に近づけたでしょうか?
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード