FC2ブログ

給食費を払わない親

 埼玉県北本市の4中学校の校長会が、給食費未納が3か月続いた場合、給食の提供をストップすることを決めた。市教委もこれを認めているという。

 北本中・宮内中・西中・東中の校長、よくやったね。
 生徒がかわいそうだとか、他に方法があるだろうとか、いろんな批判が出ることは承知の上で、苦渋の決断を下したというところだ。
 これで先生たちも、サラ金の取り立てまがいのことをやらなくて済む。

 この問題ではっきりしておかなくてはいけないのは、「払えない親」にではなく、「払わない親」に対しての措置だということだ。
 払えないのに払えと言っているんじゃない。それに、「払えない親」には、いくらだって救済措置があるんだからね。
 世の中には、払えるくせに「払わない親」がいる。給食費未納問題とはこのことだ。そこを間違っちゃいけない。

 この手の問題が起こると、必ず出てくるのが「子どもには罪はない」っていうやつだ。そりゃそうだろう。子どもの罪で親が責められても仕方ないが、その逆はあるはずない。正論っていうやつだ。絶対に非難されない安全な意見。

 しかし、幼稚園児や小学生ではなく、中学生のことであるから、親の不当な行為がもたらした結果として受け止めてもらうしかないだろう。

 「一人弁当を持ってくるキミが教室内でどんな風に見られるか、キミの親はそこまで分かっていて、それでも構わないと言っている。払いたくないものを払うくらいなら、キミが恥をかいたりする方がましだと言っているのだよ。
 そうまで言われたら仕方ない。中には、自分の食事まで我慢して子どもの給食費を払ってる親だっているんだよ。キミがこれから給食を食べ続けることは、そういう親にさらに大きな負担をかけることになる。だから、キミだけはタダでいいよとは言えない。
 しかし、キミの親も給食費は払いたくないけど、飯を抜けと言っているわけではないだろう。弁当作ってもらいな」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード