FC2ブログ

戦争の話ではなく、平和と安全の話なのだ

 世の中には戦争が大好きな人々がいる。
 安倍晋三?
 いや、違う。その「アベを許さない」と言っている人々である。

 いま問題になっている安保法制は、今日の世界情勢の中で、わが国及びわが国民の平和と安全をどう守るかという議論である。
 戦争に賛成か反対かという議論をしているわけではない。そんなことは議論するまでもない。
 平和と安全を議論しなければならないのに、これを戦争の話にすりかえてしまう人々を私は信じることができない。

 集団的自衛権は、他国の戦争に巻き込まれるから反対。では、そのように言う人々に、まったくその心配のない対処の仕方を教えよう。
 他国と同盟を結ばないことだ。さしあたり日米安全保障条約を破棄すれば、集団的自衛権を行使する場面はなくなる。もちろん、これによって沖縄の基地問題なども消えてなくなる。

 それともう一つ。
 集団安全保障という考え方に立っている国連も危険な存在だから、脱退を考えたほうがいい。

 こうしてわが国は、誰の力も借りず、一国だけで、個別的自衛権の行使だけで平和と安全を守る。

 そういう道を選んでもいいのだ。
 おそらく民主党はそう考えているのだろう。多くのマスコミもどうやら、それでいいと言っているようだ。
 ただし、現在約5兆円の防衛費は、大幅な増額を余儀なくされるだろう。

 しかし、声高に戦争の危機を叫ぶ人々は、防衛費はむしろ減らすべきだと言う。自衛隊もない方がいいと言うのである。
 そしてここが不思議なところなのだが、「わが国には憲法9条がある」から大丈夫なのだと言う。

 憲法には、その国の国家権力を拘束する力はある。しかし、あくまでも国内的な決め事であるから、その効力が他国に及ぶことはない。他国の行動は、日本の憲法に左右されるものではないのである。

 戦争反対。もちろんだ。
 9条守れ。できればそのほうがいい。

 しかし、重要なのは、将来にわたってわが国の平和と国民の安全をどう守るかなのだ。戦争の話ではなく、平和と安全の話をしようではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード