FC2ブログ

緊張感の中で伸びる

 甲子園に来てから強くなるチームがある。甲子園に来てからうまくなる選手がいる。
 解説の人たちもよく言っている。

 本当にそんなことあるのかよと思うが、実際にあるのだ。1試合ごとにうまくなり、強くなる。
 では、なぜそうなるのか。

 実戦には、練習にはない緊張感がある。緊張感の中での一球一球には、練習の何十倍もの意味がある。本番の1試合は、何十日分の練習に相当する。つまり、今日1試合やった選手は、次の試合では、何十日も練習した状態で出てくる。だから、急にうまくなったと感じる。いや、実際うまくなっているのだ。

 さてこの話、受験勉強と入学試験に当てはめてみる。
 入学試験には1回戦も2回戦もなく、いきなり決勝だ。甲子園のように大会に入ってから伸びても手遅れだ。

 それまでに、本番にできるだけ近い、緊張感のある体験をしておくのがいい。
 本来なら模擬試験がそれに当たる。
 まあ、今回だめでも次があるという状況は、本番にはほど遠いのだが、学校内でのテストに比べれば、緊張の度合いは高いだろう。

 あとは日々の授業だ。
 緊張感がある方が、集中力が高まり、力が伸びるというのが真実であるとすれば、授業でもそういう状況を作り出せばいい。
 むろん毎日毎時間というわけには行かないが、そのような瞬間があったほうがいい。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード