FC2ブログ

西武文理、一日も早い再出発を望む

 「晩節を汚す」(ばんせつをけがす)。

 人生や仕事において立派な成果を上げ高い評価を得てきた人が、後に、それまでの評価をくつがえすような行動により、名誉を失ってしまうこと。

 文理佐藤学園の佐藤英樹理事長。
 専門学校から始め、高校、中学、小学校と作り、短大・大学まで作った。特に高校は、埼玉を代表する私立進学校に数えられるまでになった(最近の進学実績はやや不満が残るが)。

 もう15年近く前のことになる。
 学校を訪れたときのことだ。
 「まだ大学の校舎見たことないだろう。案内するよ」と、佐藤英樹先生。
 ゴルフ場のカートみたいな専用車に私を乗せ、自ら運転し始めた。キャンパスに着くまでに、何人もの高校生とすれ違ったが、生徒の方から声がかかる。佐藤先生も「頑張ってるか」「たまには校長室来いよ」などと気安く答える。
 一通り見学を終えて校長室に戻ると、「喉乾いたろう。そこに冷蔵庫あるから自分で好きなもの飲んでくれ」。
 なんて言われても、他人の家だからね。
 躊躇していると、「遠慮してたらダメだぞ」と言いながら、自分で冷蔵庫からお茶を出してくれた。
 その後、特に親しいお付き合いをしているわけではない。ただ、こんな一面もあったという話である。

 この度の学園長の件は、誠に残念なことである。
 そして、すぐさま頭に浮かんだのが冒頭の「晩節を汚す」だ。

 ただ、これで終わったわけではない。

 この先の展開は読めないが、真面目に頑張っている児童・生徒・学生がいるわけだからね。もちろん先生も。
 そうした人たちのためにも、早く出すべき膿を(うみ)を全部出して、再出発してもらいたいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード