FC2ブログ

言葉じゃなく数字で言えよ

 すべての言葉は数字に変換できる。

志村「来月は今月以上に頑張ります」
「そうか。そう思うなら今の言葉、数字に変換してくれ。そうしないと私には分からない」
志村「はっ?」
「少なくともビジネスの世界においては、すべての言葉は数字に変換できる。いや、しなければならないのだ」

 売り上げを上げたいというなら何パーセント上げたいのか、あるいは何円上げたいのか。はっきりさせたいのはそこだ。
 たとえば、「売上30%アップを目指す」。そう言えば、「頑張ります」とか「本気で取り組みます」とか、「死ぬ気でやります」とかの言葉は不要なのだ。

志村「でも、そういう気持ちは必要なんじゃないですか」
「アホな営業マンほど、意味のない言葉を発するんだよな。『頑張る』なんていうのは、せいぜい自分の心の中で思えばいいんであって、他人に向かって発する言葉じゃないんだよ」
志村「それで通ってきましたが…」
「聞く方もアホだったからだろう。われわれビジネスマンは数字の世界で生きている。売り上げも利益も給料も税金も、全部数字だ。数字で語れない話はない」

 という話なんだが、これは何もビジネスの世界に限った話ではない。
 「何点取る」「偏差値をいくつ上げる」「何時間勉強する」。という具合に、数字に変えて語る訓練をしよう。そうした方が目標の達成率は確実に上がるし、後日の検証もしやすくなる。

コメントの投稿

非公開コメント

この記事と、2015/09/08の「何をやるかを考えている時間が長過ぎるのだ」の記事は、
いま私が受験生に伝えたいこととピッタリと一致していて、びっくりしました。

この梅野先生の言葉を、生徒さんたちにも伝えていきたいと思います。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード