FC2ブログ

馬齢を重ねている自分がホント情けない

 「馬齢(ばれい)を重ねる」という言葉がある。
  大したこともせず無駄に年を取るという意味で、人に対して謙遜して言う言葉である。

 「いやいや、私なんぞはただ馬齢を重ねているだけですよ。大したことはやってこなかったし、いたずらに年を取っているだけでお恥ずかしい」、とまあ、こんな感じ。
 褒め言葉と間違って、「いやぁ、さすが社長。馬齢を重ねているだけありますね」などと言ってしまうと悲劇が待っている。

 長寿は目出度いことである。健康であればなおさらだ。
 しかし、人の人生は長さだけに価値があるのではない。

 タレントの川島なお美さんが54歳で亡くなった。私はこの人のことをほとんど知らないのだが、私より10歳下の54歳というところにどうしても引っかかってしまうのだ。

 人生の幸福を長さだけで表わすとすれば、私は現時点において川島さんより10年分幸福であり、川島さんは私より10年分不幸なのである。
 が、そうではないだろう。

 たとえば、どれだけ人生を楽しんだか、または人を楽しませたか。どれだけ世のため人のために役に立てたか。こういったことは長さ(時間)で測ることはできないが、これもまた人生の幸不幸を表わす尺度であるだろう。
 そう考えれば、若くして亡くなったということは、必ずしも不幸とばかりは言えないのである。短いけれど幸福な人生というものもあるのだ。

 さて、とうに還暦を過ぎた私である。
 ここで人生を終えても、長さで測れば、そこそこ幸福な人生と言えるかもしれない。むろん、この高齢化時代ではちょっと早過ぎると言われるかもしれないが、不足と言うほどでもない。

 問題なのは、もう一つの尺度で測った場合に、幸福な人生と言えるかどうかである。これはまったく自信がなく、いまのところ馬齢を重ねていると言うしかない。
 急がなければ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード