FC2ブログ

28年度埼玉県公立高校入試、募集人員が発表された

 10月23日、県教育局から28年度公立入試の募集人員が発表された。
 今日(24日)の新聞各紙に掲載されている。

 全日制の全体の募集人員は200人減っている。
 増えた学校が10校で計400人増、減った学校が15校で計600人減だから、差し引き200人減となる。
 全体の募集人員は、その年度の中3生の数に応じて調整している。つまり予想されている受験生の数を見越して減らしているわけだから、全体として見れば、倍率への直接的な影響は少ないだろう。

◆募集人員を減らす学校(各40人減)
 大宮
 大宮東
 小川
 川口
 川口青陵
 川越
 川越女子
 熊谷
 越谷西
 所沢北
 蕨
 市立浦和
 大宮北
以上普通科。
 鳩山(情報管理科)
 川口総合(総合学科)
以上、普通科13校、専門学科1校、総合学科1校、合計15校。
 なお、市立川口(国際ビジネス科)は募集停止。三郷(普通科・情報コース)は募集停止となり、40人は普通科に振り替える。

◆募集人員を増やす学校(各40人増)
 朝霞
 朝霞西
 浦和
 浦和北
 浦和一女
 浦和東
 大宮光陵
 川口東
 越ヶ谷
 所沢西
 以上、普通科10校。
 なお所沢北に理数科が新設され、同校普通科は40人減となる。

 募集人員が増えた10校のうち5校は、さいたま市内の学校である。人気の高い浦和・浦和一女は400人募集となる。
 前年度400人募集だった川越・川越女子・蕨(外国語科と合わせて)は、360人募集に戻る。
 募集人員が増減すると、それに連動して志願者も増減するので、最終的な倍率は前年並みに落ち着くと見られる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード