FC2ブログ

高校生の悪ふざけが、かくも大きなニュースに

 大きな事件だからマスコミが取り上げたのではなく、マスコミが取り上げたから大きな事件になった。
 こういう現象はしばしば起きている。

 先週土曜日に行なわれたサッカーJ1浦和レッズVSガンバ大阪戦後のパトリック選手に対する差別発言ツイートの件である。

 高校生の悪ふざけだろう。

 だがな、悪ふざけだってやっていいことと悪いことがあるんだぞ。いつも言ってるだろう。差別はいかん。弱いものいじめはいかんってな。二度とこんな真似するんじゃねえ。今度やったらただじゃおかねえからな。分かったか、このボケ。

 私の感覚ではこの程度。ついでに2、3発張り倒す。

 人種差別がいけないのは今も昔も変わらないが、浦和レッズは昨年、サポーターによる差別的横断幕の一件で、J1史上初の無観客試合という制裁を受けた前科があるからね。また浦和レッズかとなるわけだ。
 マスコミはそういうのは放っとかない。

 というような事情を、高校1年生が分かるはずもなく、匿名のツイッターなら分からんだろうくらいの軽いノリでやってしまったんだね。
 おかげで浦和学院はホームページ上でお詫びの文章を発表する羽目になった。来年度の生徒募集が佳境を迎える時期だというのに。

 私の知る浦和学院は、独自の教材を作るなどして情報リテラシー教育に熱心な学校だったはずだが、それでもこういうことが起きてしまう。

 これはどこの学校でも起こりうる話である。「うちの生徒じゃなくて良かった」と胸をなでおろしている先生も多いことだろう。
 ご苦労だが先生方、引き続き差別を許さない教育、情報社会と正しく向き合う教育に邁進していただきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード