FC2ブログ

平気でドタキャンするやつは想像力がないんだ

 土壇場(どたんば)を辞書で調べてみると、首切りの刑を行うために築いた土の壇ということであり、転じて、最後の場面という意味合いで使われるようになったことがわかる。

 「いや~、土壇場で話がこわれちゃってね」
 と、こんな使い方をする。

 さて。
 ドタキャンの話である。土壇場でキャンセルするからドタキャン。

 自慢じゃないが私は仕事上でドタキャンしたことはない。というか十分に自慢だな。
 なぜドタキャンしないで済んでいるかというと、第一に守れそうにない約束は最初からしないからである。
 第二に、先約優先の原則を貫いているからである。

 考えようでは柔軟性に欠けるわけだ。臨機応変が苦手なのだ。だからたいした商売ができないのかもしれない。

 今日は新宿の某社で打ち合わせ。その後、事前の約束通り、共に昼食。

 それが終わり、午後3時にまた別の会社の社長が訪ねてくることになっていたので、新宿駅構内をダッシュして湘南新宿ラインに駆け込む。よし、これで余裕で間に合うなとほっと一安心したところで携帯が鳴る。
 これから会う会社の営業担当からだ。

 ちょうど赤羽駅に停車したところなので、仕方ない、いったん電車を降りる。
 「スミマセン、社長と一緒に伺う約束でしたが、急用でうかがえなくなりました。ですので、私一人でうかがいます」
 ふざけんな。社長が来るっていうから時間を空けたんだろう。オマエ一人じゃ意味ねえんだよ。

 と、思ったが、まあ仕方ない。とりあえず会ってやるか。で、思いっきり説教くれてやろうじゃないか。

 「今日は本当に申し訳ありません」
 いやいや、ご多忙な社長で結構じゃないですか。私は暇人ですから、別に今日じゃなくても大丈夫なんですよ。
 「いや、決してそういう意味じゃありません」
 けど、ぜひお力添えをって頼んできたのはそっちだろ。
 私はね、本業の方の打ち合わせを早々に切り上げて速攻で戻って来てんだよ。どうもあんたのところの社長は、想像力に欠けるみたいだな。

 だいたい、平気でドタキャンするやつは想像力がないんだよ。
 相手がどんだけ困るだろうとか、どんだけ落胆するだろうとか、どんだけ迷惑するだろうとか、そういうのは考えないんだ。
 別の約束を入れられなかったんだぜ。どうしてくれるんだ。

 なんてことに想像力が及ばない。
 気楽でいいよな。長生きするぜ。

 ※このテーマ、以前にも書いたことがある。
 ↓
 ドタキャンしない生き方でも損はしなかった

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード