FC2ブログ

入試問題を作るのは学校の先生であることを忘れるな

 来年1月18日から埼玉新聞で「入試ズバリ予想」の連載が始まる。
 昨年もやったが、始まりが遅かったため、おしまいが入試本番の前々日になってしまった。
 そこで今回は、開始時期を約2週間早めることにした。

 加えて今回は、そのテレビ版とも言うべき入試予想番組をテレビ埼玉で放送する。
 今のところ、2月6日(土)に2時間程度の生放送という方向で企画が進んでいる。受験生の皆さんは、ぜひ予定に入れておいてほしい。

 高校入試問題というのは、公立でも私立でも、受験生を裏切るような問題は絶対に出ないことになっている。
 なぜかって言うと、問題を作る人も学校の先生だからだ。
 先生というのは、授業を一番大事なものだと考えているんだ。だから、授業を真面目に受けようが、適当に受けようが関係ないような問題は作らないんだよ。
 もし、そんな問題を作ったら、自分自身で授業の重要性を否定することになるからね。だから間違ってもそんな問題は作らない。

 というわけで教科書の内容に忠実に作るわけだが、みんなが使っている教科書は、大した厚さじゃないね。
 試しに休みの日に朝から晩まで読んでごらん。読むだけなら、すぐに終わっちゃうはずだ。その程度なんだ。

 で、そういう中からの出題だから、何年かすると、「これ、前にも出したけどまた出そうか」っていう話になるわけだ。嫌でも繰り返しになっちゃうんだ。

 入試予想記事や予想番組が成立する背景は、そこにあるんだ。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード