FC2ブログ

迷ったらPDFで保存するのが最近の私流整理法

 年末の大掃除。
 事務所の整理整頓をしなければ。

 なのだが、私の仕事は、学校に関係することがほとんどなので、それに合わせて1年の始まりは4月で、終わりは3月ということになる。よって、ほとんどの仕事は現在進行形であるから、ここで整理するわけにはいかない。
 そういう気分なのだ。
 と言い訳して、大掃除という面倒な作業を回避する。

 事務所内の多くのスペースを占拠しているのは、膨大な紙類である。
 だから、大掃除ということは、これらを廃棄することとほぼイコールである。
 エイ、ヤッと捨ててしまえば、これで終了。

 だが、これがなかなか難しい。
 もしかしたら、後で必要になるかもしれないなどと考え始めると、結局、捨てるものより、取っておくものの方が多くなってしまったりする。

 片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんは、「ときめき」で決めろとおっしゃるが、まさか仕事上の書類を、ときめくか、ときめかないかで取捨するわけにはいかない。
 「○○高校のパンフレットか。こいつは、ときめかないな。じゃあ捨てるか」って、そういうもんじゃないだろう。

 取っておいた書類が、後で本当に必要になるのかというと、稀にそういうケースがあるという程度なのは、過去の経験から明らかなんだけどね。

 ただ、最近便利になったと思うのは、パソコンにデータとして保存できるようになったことだ。
 どうしようかなと思ったものは、PDFなどにしてデータとしてパソコン内に保存しておけるようになった。実物をそのまま保存しておかなければならないものは、そんなに多くはないのだ。
 迷ったらPDF化。これが最近の私のやり方だ。

 名刺なんかも、申し訳ないが、どんどん廃棄。
 パソコンや名刺整理用のアプリで保存なんて面倒なことはしない。これって、案外時間がかかる。
 机の上に並べて、アイパッド・ミニのカメラでパシャッとやって終了。これで何の不都合もない。

 だいたい、名刺なんてものは、賞味期限が限られているんだね。だから、ストックする性質のものではない。
 こいつはフローなんだ。

 誰かと名刺交換する。必要な人とはすぐにメール交換する。これで名刺の役割は終了。
 極端な話、名刺が必要だったのは、交換したその日だけということになる。

 反対に、名刺交換はしたものの、その後交流に発展しなかった場合は、ご縁がなかったのだ。だから、この場合も、名刺が必要だったのは、交換したその日だけということになり、やはり名刺の役割はここで終了。

 まあ、いろんな業種、職種の人がいるわけだから、私流が正しいなどとは思っていないが、そんなことで無駄な時間やスペースを使っていてはもったいない。

 大掃除の話が、名刺整理の話になってしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード