FC2ブログ

年をとったら、新しいことは覚えなくていい

 紅白歌合戦の出場者がどれだけ分かるかを調べてみた。

 結果、画面でパッと見て歌手名・グループ名が分かるのが31組(人)であることが判明した。
 この中には、野郎どもがぞろぞろいるからEXILEか三代目J Soul Brothersじゃねえのとか、女子がわんさかいるからAKB48か乃木坂46かNMB48のどれかじゃねえのというのは含まれていない。
 司会者の紹介を聞かなくても、テロップがなくても分かるのが、全52組の59.6%ということだ。残りの4割は、こいつら誰?である。

 なんでこうまで知らないかというと、知っていても何の役にも立たないので、知ろうとしないからだ。この1年、私の周りでは、ゲスの極み乙女がどうしたとか、ももクロがどうしたとかいう話は一度も出なかった。どうでもいいことなのだ。
 そう言えば、ももクロの名前がなかったな。今年はなぜ出ないんだ。

 年をとると、新しいことを覚えられなくなると思われがちだが、そうでもない。昨日の話ではないが、覚えようと決意すれば、まだまだそのくらいの記憶力はある。
 だからそうではなく、年をとったら、新しいことを覚えなくていいのだ。

 何かを新しく覚えて、それを脳内にたくわえるというのは、40代か、ぎりぎり50代前半までの作業であって、その先20年、30年は、それまで蓄積された知識さえあれば、何不自由なく生きていけるのである。

 私のように60代の半ばともなれば、もう十分に知識も経験も備わっているのだ。これ以上必要ない。残された課題があるとすれば、これらをどう活かすかということだけである。

 まだ頭の中がほとんど空っぽな若者諸君。知識の蓄積は、人生前半で済ましておけよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード