FC2ブログ

「もっと早くからやればよかった」、そうだろう

 昨日、埼玉新聞「入試対策特集」が発行された。
 1月14日付けの本紙に折り込まれたほか、県内全中学校に3年生の人数分だけ送付した。生徒に配ってくれるかどうかは、各校の先生方のご判断。

 この中で、「受験生への最終メッセージ」というのを書いたが、サブタイトル(小見出し)だけでも紹介しておこう。

◆高校入試はゴールだが通過点でもある
「ここで終わりじゃないんだよ」

◆成績が伸びないと悩んでいる人へ
「その瞬間は必ず来るんだよ」

◆不安がいっぱい。心が折れそう
「でも、結果はそのほうがいいんだよ」

◆親や先生と意見が合わない人へ
「違うからこそ聞く価値があるんだよ」

 毎年毎号、同じようなことを書いている。
 中学校や塾の先生からしたら、変わり映えがしないということだろうが、受験生は毎年入れ替わっているから、繰り返し言わなければならない。

 この時期になると、ほとんどの受験生がこう思う。
 「もっと早くからやっておけばよかった」

 塾の先生にすれば、「だから、ずっと言ってきただろう」なのであるが、過ぎてしまったものは仕方ない。

 道は二つしかないのだ。
 今さら無理だとあきらめるか、今からでも何とかなると望みを捨てずにがんばってみるか。

 しかしこの二つの選択の場面。これから先の人生で、何度も何度も繰り返しやって来るのだ。
 65年間も人間をやってきた私が言うのだから間違いない。

 そりゃ人間だから、時にはあきらめてしまうことだってある。
 しかし、大相撲にたとえれば、8勝7敗くらいで何とか乗り切りたいものである。つまり、あきらめたのが7回なら、望みを捨てなかったのが8回。

 私が言っているのは、結果ではない。
 半ばあきらめの境地でも運よく受かる場合だってあるし、最後まで粘って粘って、それでも落ちてしまう場合もある。
 この場合、運よく受かった方ではなく、粘って粘って落ちたほうを勝利とカウントするのである。

 残された時間は少ないが、私はあきらめていないぞ。

 埼玉新聞入試特集2016年1月14日 1面

 埼玉新聞入試特集2016年1月14日 4面

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード